ハイジーナ脱毛オススメサロンを紹介

 

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

ハイジーナとは海外セレブや女優、
日本でも有名芸能人が行っている
ことで話題になった「ハイジーナ脱毛」

 

最近では海外だけでなく日本国内でも身だしなみの常識として広まってきていますが、
ハイジーナとはどのような脱毛なのでしょうか。

 

今回はハイジーナについての詳しい情報や、
ハイジーナで人気のサロンなどを詳しくご紹介したいと思います。

 

 

ハイジーナとは

 

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

ハイジーナというのは、ハイジニーナとも呼ばれ、VIOライン、いわゆるデリケートゾーンのムダ毛を処理する脱毛法のことです。
ハイジーナという言葉は、衛生という意味の「hygiene(ハイジーン)」に由来しています。
アンダーヘアの全部または大半を脱毛し、ムレや不衛生な状態を解消する効果があるため、
清潔志向が強い欧米ではハイジーナはもはや身だしなみの常識となっているほど当たり前のものとなっています。
ハイジーナの脱毛方法は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の他に、
ブラジリアンワックスという専用のワックスを塗り、乾いたら一気にはがしてムダ毛の処理をするという方法があります。

 

ハイジーナがおすすめの脱毛サロン

プリート

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

圧倒的な人気を誇るハイジーナ脱毛VIO脱毛の専門店で、運営しているのは株式会社パルコンコードという介護事業と調剤薬局を運営している企業です。
社員教育に非常に力を入れているので、技術力の高さや施術実績も素晴らしく安全面と衛生面も徹底されている脱毛サロンです。
業界No.1の広範囲脱毛と豊富なメニューも専門店ならではの特徴です。

料金・回数 その他 公式サイト

ハイジニーナ脱毛コース3回22500円、6回43000円、12回79000円(すべて税別)、ハイジニーナパーツ別脱毛6回24000円

Vラインのデザインを標準で9種類も用意されているので、ライフスタイルや目的により最適なデザインを選ぶことができます。

プリートの公式サイトはこちら

ディオーネ

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

敏感肌にもやさしく痛みの少ないハイパースキン脱毛という最先端の脱毛方法で有名なサロンです。
ハイパースキン脱毛は熱さや痛みを感じやすいVIOの脱毛には最適で、痛みに弱い方や敏感肌、アトピーの方に特に人気の脱毛サロンです。

料金・回数 その他 公式サイト

ハイジニーナコース6回72000円、12回120000円、semiハイジニーナコース6回57000円、12回96000円(料金は税別)

他店では断られるような細かいキワの部分まで脱毛することが出来ます。さらに、フォト美顔を含む特殊な光で脱毛するため美肌効果があり、デリケートゾーンの黒ずみの改善にも効果があります。

ディオーネの公式サイトはこちら

ミュゼ

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

低価格が人気の業界最大手の脱毛サロンです。
ミュゼではS.S.C式脱毛という最新の方法を採用しており、制毛効果のあるジェルを一緒に使うことで出力を抑えた光でも安定した効果が出すことができ、痛みが少ないことが特徴です。

料金・回数 その他 公式サイト

ハイジニーナ7コース1回12000円、4回24000円(料金は税別)

WEB予約システムにより、24時間予約・変更・キャンセル出来るため、予約が取りやすく、さらに他のコースやアフターケアなどの勧誘は一切ないので安心して通い続けることができる脱毛サロンです。

ミュゼの公式サイトはこちら

 

ハイジーナに痛みはある?

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

ハイジーナはデリケートな部位の脱毛なので、痛みを強く感じるようなイメージが少なからずあります。

 

では、実際の痛みはどのくらいなのでしょうか。

 

 

 

レーザー脱毛の場合

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

医療機関で行うレーザー脱毛は、脱毛効果が高く短期間で完了するといったメリットがありますが、使用する光の出力が強い為、痛みも大きくなります。
特に毛深かったり、毛が太いと痛みを強く感じるようです。
とはいえ、施術中常に痛いわけではなく、部分部分でピンポイントに「ズキッ」と痛みがくる感覚です。

 

フラッシュ脱毛の場合

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛で使用する光よりも出力が弱いため、比較的痛みは少なく、個人差はありますがほとんどの方が我慢できる程度の痛みです。
また、回数を重ねるごとに毛も細くなっていきますし、慣れてくるのでそれほど痛みを強くは感じなくなる方が多いようです。

 

ブラジリアンワックスの場合

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

ブラジリアンワックスは、脱毛したい部分にワックスを塗り、一気にはがすことで毛を抜き去るという方法なので、一気に脱毛できるのは魅力ですが痛みは当然あります。
ただ一気にワックスをはがしますので痛みも一瞬で終わりますし、続けているとだんだんと毛が細くなっていくので痛みもだんだん感じなくなってくるようです。

 

ハイジーナの痛みを軽くするには?

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

痛みの感じ方には個人差がありますので絶対に痛くならないようにするということはできませんが、肌が敏感になる生理前後や風邪気味の時など、体調不良時は出来るだけ施術を受けるのを避ける事で、痛みを軽減する事が出来ます。
また、VIOラインは範囲が狭いので、痛みがあっても本当に一瞬です。

 

最初から「痛いもの」だと覚悟していると意外に大丈夫だったりもするので、あまり不安に思う必要はないように思います。

 

ハイジーナの施術は何人で行う?また体勢は?

ハイジーナに興味があってもデリケートな部分なので恥ずかしく思ったりどんな体勢で行うか不安に思う人も多いかと思います。
そんな不安を持つ方のために、ハイジニーナ脱毛を行う際の体勢を分かりやすく紹介してみたいと思います。

 

Vライン脱毛時

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

体勢は仰向けに寝そべり、足をまっすぐ閉じたまま施術します。
紙パンツを履いたままずらしながら、脱毛する部分のみを脱毛していきます。

 

 

Iラインの脱毛時

体勢は仰向けになって寝そべり、片足ずつ膝を立て外側に倒して、「くの字」にした状態で施術します。
紙パンツを履いたまま、脱毛する部分をずらしながら施術します。

 

Oラインの脱毛時

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

体勢はうつ伏せの状態で施術します。
紙パンツをおろした状態でお尻の割れ目を広げながら施術するので、2人1組で施術を行うことが多いようです。
どの部位も、最初は恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、サロンのスタッフは一日に何人もの脱毛を行っているのでこちらが思っているほど気にしていません。
施術時間もそれほど長くありませんし、1度受けると意外に恥ずかしさもほとんどなくなるので、1回目以降はすっかり慣れてしまったという方も多いので、それほど心配しなくても大丈夫ではないでしょうか。

 

刺激でおりものが出たり濡れたりするのが不安

 

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

ハイジーナはデリケートな部分の施術なので、触られたり刺激されることでおりものが出たり、濡れてしまうのではないかと不安になる方も多いようです。
しかし実際は、施術中は痛みのほうに意識がいくのでそれどころではなかったという方が大半です。

 

さらに脱毛をするときにはジェルを塗って施術をしていきますし、さらに紙パンツも履いたままですので、もし濡れてしまったとしてもほとんど気づかれません。
もし気づかれてたとしてもよくある生理現象としてスタッフの方は慣れているので、全く気にしないようです。

 

ハイジーナ『VIO脱毛は芸能人も当たり前』

 

もし心配な方は、施術前にデリケートゾーン専用のウエットティッシュでをきれいに拭いておくことをオススメします。
また、事前にスタッフの方に言っておくのも手です。
そうすれば必要以上に気を遣う必要もなくなりますし、スタッフの方もそれに合わせて対応してくれるので安心です。
デリケートの部位なので恥ずかしく思ったり心配なこともあると思いますが、それ以上にハイジーナを施術することのメリットも多くあります。

 

大切なのはあまり気にし過ぎず、不安なことはなんでも相談してみることです。